自信を喪失していた事例を前向きにさせた OTR との報告会

■演題名:自信を喪失していた事例を前向きにさせた OTR との報告会
■発表者:松本 周三
■所属:訪問看護リハビリステーション三朝温泉病院

■キーワード:人間作業モデル 高齢者 終活
■要旨:
【はじめに】人生の終焉に向かう作業(終活)を希望し自分は何もできないと感じている事例に対する介 入で,訪問の機会を“OTR との報告会”と定義した結果,閉じこもっていた生活から抜け出し外出の機会 が増えることに至った.意志は作業的生活に広く影響を及ぼすとされており,報告会という作業により語 りの機会を確保したことが,価値に良い変化をもたらしたと思われ,語る機会を作ることの有益性を共有 したく報告することとした.発表にあたり事例から書面で同意を得ている.

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG