作業に根ざした実践2.0(OBP2.0) – 寺岡 睦

■講演内容:作業に根ざした実践2.0(OBP2.0)
■演者:寺岡 睦
■所属:医療法人慶真会 大杉病院、吉備国際大学保健福祉研究所準研究員
■Youtube:むっちゅーぶ
■要旨:

作業に根ざした実践2.0(Occupation-Based Practice 2.0)は新しい作業療法理論である。これは作業療法士に、作業療法の専門性を発揮させ、多職種連携のマネジメントを促進させてくれる。歴史的にみると、作業療法は専門性の不明瞭さと職種間の対立から、実践が行いにくい背景にあった。そのため、これからの作業療法では専門性の発揮と多職種連携を同時に行う必要がある。OBP2.0は、これまでの作業療法の功績を活かしつつ、未来へと対応出来るような理論となっている。本講演ではOBP2.0の可能性を感じてもらいたい。

※講演動画は通信容量が大きいためスマートフォンなどでの視聴では通信容量にご注意ください

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

※発表者や他の方が不快に感じる表現や誹謗中傷等の書き込みはお控え頂き,双方が臨床の質を高められるような肯定的な質疑応答をお願いいたします

>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG