PEO モデルの視点で作業遂行評価を行ない介入を検討した脳梗塞後の事例

■演題名:PEO モデルの視点で作業遂行評価を行ない介入を検討した脳梗塞後の事例
■演者:○矢野 朝香、田代 徹
■所属:福岡リハビリテーション病院

【はじめに】脳梗塞を発症し ADL に介助が必要になった事例に対して、本人の作業課題に焦点を当て、作業遂行評価を用いながら、作業の継続に向けて必要な課題を抽出し、介入した。作業遂行評価を用いた介入を実施することは、より実践的な作業療法アプローチに繋がると考えられた。

一言解説

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

演題動画(Wi-fi向け)

コメント通知条件登録
通知条件
>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG