CAOD を用いて意味のある作業から成功体験を得ることで ADL 動作が自立に至った事例

■演題名:CAOD を用いて意味のある作業から成功体験を得ることでADL 動作が自立に至った事例
■発表者:新里 健斗
■所属:福岡リハビリテーション病院

キーワード:CAOD 行動変容 作業
■要旨:
【はじめに】今回、できる ADL としている ADL で解離が生じている事例に対して作業機能障害に着目し、 CAOD 評価を用いて作業療法プランを立て介入を行った。作業疎外に対して料理を用いることで、活動に 主体的に取り組めるようになり、行動変容を認めるようになった。尚、本人より発表に際し同意を得て いる。

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG