作業参加の促進に至った事例を作業療法士の接し方で分析してみた 〜意図的関係モデルを用いることでセンスや相性で終わらせない〜

■演題名:作業参加の促進に至った事例を作業療法士の接し方で分析してみた 〜意図的関係モデルを用いることでセンスや相性で終わらせない〜
■発表者:松本 周三
■所属:訪問看護リハビリステーション三朝温泉病院

■キーワード:意図的関係モデル 理論 在宅
■要旨:
【はじめに】訪問看護での介入において,自宅内に留まっていた生活から外出する状況まで改善した.こ の作業参加の変化を意図的関係モデルという概念で説明できることを知った.対象者との良い関係性構 築や結果に結びついた際,センスや相性といった言葉で片付けられることが減るよう,この概念を共有さ せて頂きたく報告することとした.発表にあたり事例から書面で同意を得ている.

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG