作業療法の臨床思考過程を説明できる⼈を増やしたい 〜オンラインでの新たな取り組みの紹介〜

■演題名:作業療法の臨床思考過程を説明できる人を増やしたい〜オンラインでの新たな取り組みの紹介〜
■演者:松本 周三
■所属:鳥取県中部医師会立 三朝温泉病院

【はじめに】後進の育成や臨床実習指導の際にずっと悩んでいることがある.それは,作業療法の臨床思 考過程(クリニカルリーズニング,以下リーズニング)をどうやって磨いてもらうか,である.この度, 若手のうちからリーズニングを磨いて欲しいという思いから,リーズニングを磨くための勉強会をオン ラインで立ち上げた.育成・教育にオンラインを活用する参考となることやより多くの方のリーズニング を磨く一助となることを願って,取り組みを報告する. 【背景】評価方法やアプローチ方法を磨く機会と比べて,リーズニングを磨く機会は少ないように感じて いる.臨床実習では,昨今の実習形態の変更によって,クリニカルクラークシップが推奨されるようにな った.これによって,作業療法士の臨床思考を学べる機会は以前より増していると思われるが,十分とは 言い難い.また,卒後教育は十分な整備には至っておらず,各個人の置かれている環境による差が大きい と感じている.

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

目標の大切さ、何度確認しても深い。2月27日(土)21時から

>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG