認知症患者へ対し関わりを重要視した作業療法

■講演内容:認知症患者へ対し関わりを重要視した作業療法
■演者:山田 くるみ
■所属:湘南OT交流会
■検索キーワード:ユマニチュード

■要旨:
認知症の症状の一つに記憶障害があります.いくらいい状態を生み出せたとしても,翌日には不穏状態に戻ってしまう事を経験された事はないでしょうか?今回の試みは,そのいい状態を維持するために1つのツールを利用したというトピックスとなります.身近な専門的な知識を必要としないアレ!を使うことで,攻撃的なケースが穏やかになり,名前まで覚えてくれました.一度試して頂けると幸いです.

※講演動画は通信容量が大きいためスマートフォンなどでの視聴では通信容量にご注意ください

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

※発表者や他の方が不快に感じる表現や誹謗中傷等の書き込みはお控え頂き,双方が臨床の質を高められるような肯定的な質疑応答をお願いいたします

>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG