自宅で過ごしたい認知症患者に対する退院時支援の方法についての検討

■演題名:自宅で過ごしたい認知症患者に対する退院時支援の方法についての検討
■発表者:髙波 実佳
■所属:済生会小樽病院 リハビリテーション室 作業療法課

■要旨:回復期リハ病棟に入棟中,家族には施設を勧められていたが,在宅生活を希望していた認知症患者に対しチームで在宅復帰を支援した.しかし退院後に訪問したところ退院時に立案した支援計画とは異なっていた.そこで,本事例より認知症患者に対する退院時支援の方法について検討することを目的とする.

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG