不安が強い事例に対して成功体験を積むように段階的な作業選択と介入を行った脳卒中後片麻痺事例

■演題名:不安が強い事例に対して成功体験を積むように段階的な作業選択と介入を行った脳卒中後片麻痺事例
■演者::柴 芽衣¹⁾、田代 徹¹⁾
■所属:福岡リハビリテーション病院

【はじめに】入院当初から不安の訴えが強く、周囲から介助される生活を選択して入院生活を送っていた事例に対して、事例の状況に合わせて段階的に目標を立て、本人の不安を解消しながら作業療法を実施した。その結果、上肢機能の向上に加えて自己効力感が向上し、目標であった家事への参加が可能となった。

一言解説

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

演題動画(Wi-fi向け)

コメント通知条件登録
通知条件
>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG