主介護者との衝突により生活が破綻していたが多職種連携により支援ができた事例

■演題名:主介護者との衝突により生活が破綻していたが多職種連携により支援ができた事例
■演者:○生方健一 1),白木望 2)
■所属:1)ケアリング訪問看護ステーション土浦、2)みやぎOT実践研究会

【はじめに】脳梗塞により重複した高次脳機能障害を呈した CL を担当した.主介護者である母のストレスが増え,CL からの拒否反応も見られ家族関係が悪化していた.破綻した生活状況を母と共に整理し,経過を作業療法士からケアマネジャーへ伝え受診時の同席を依頼した.専門医の受診と内服調整を経て,生活状況の改善や CL との疎通性向上,母の介護ストレス軽減が得られた.今回の関わりから,家族を含めた多職種と円滑な連携を行うための関わり方について大切さを確認できた.困った時には多職種に協力を仰ぐことを推奨する目的にて以下に報告する.

一言解説

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

コメント通知条件登録
通知条件
>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG