作業バランスを再構築することで役割を再獲得した事例

■演題名:作業バランスを再構築することで役割を再獲得した事例
■演者:野津幸栄
■所属:茅ヶ崎新北陵病院

【はじめに】今回、重度関節リウマチと頚椎症性脊髄症を呈したクライエントに対し、作業バランスを再構築したことにより自己効力感が向上した事例を担当することができたためここに報告する。なお、本事例から発表に際し、同意を得ている。

WEB学会2024プレミアム会員に登録するとこのコンテンツをご覧いただけます

WEB学会2024へ参加する

一言解説

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

WEB学会2024プレミアム会員に登録するとこのコンテンツをご覧いただけます

WEB学会2024へ参加する

>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG