「家に帰ってきてほしい」多職種連携を行い退院支援を行った事例

■演題名:“関わり”というアプローチで作業的存在になった事例
■演者:室伏 香織
■所属:セコメディック病院 リハビリテーション部

【はじめに】 急性~回復期病院での OT 介入では元ある生活への復帰が目標とされることが多々ある。しかし一概に自宅退院と言っても、個別性を重視することは重要であると感じている。今回、地域での実際の生活に向けた退院支援を行うことができた。”個別性を重視した退院支援の大切さ”を再認識した介入について、以下に共有する。

【プール活動レベルとは】
認知症をもつ人の活動能力を観察から分類し、対象者の意味ある活動、つまり作業の遂行や参加を促す一連のツール。PAL チェックリストの結果探索活動レベルであり、慣れた環境で習慣的作業なら行える可能性が高い。

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

コメント通知条件登録
通知条件
>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG