リハ=運動と考える事例への OBP

■演題名:リハ=運動と考える事例への OBP
■演者:藤本一博
■所属:湘南 OT 交流会

【はじめに】 作業療法のプロセスモデルでは,多くのモデルで「面接」など,クライエントの希望や認識を把握することから開始がされる.そのため OT の主な評価法は面接とされるが,日本のリハの場合,「機能訓 練」や「お任せして治療してもらう」ことがリハビリとのイメージが強く,面接はリハビリの入り口で あるとクライエントから理解されないことが多い.しかし今回,その理解されない状態から,OT のプ ロセスの大切さを理解してもらう試みに成功したため,ここに報告する.

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

目標の大切さ、何度確認しても深い。2月27日(土)21時から

>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG