跪座の姿勢を取り入れたことで調理動作の再獲得に繋がった事例

■演題名:跪座の姿勢を取り入れたことで調理動作の再獲得に繋がった事例
■発表者:斉藤 友希
■所属:湘南 OT 交流会

■キーワード:がん 高齢
■要旨:
【はじめに】
びまん性大細胞型 B 細胞リンパ腫に対する入院生活後,ADL が低下されリハビリ目的で当院へ転院されたケースを担当した.入院時は身体機能低下が著明であったが,ADL・IADL 動作練習に加え,座法の ひとつとして知られる跪座を訓練に取り入れた.その結果,しゃがみこみや起立動作が安定し,調理動作 の再獲得に繋がった.その為,事例を通して,跪座の姿勢の重要性を伝えることを目的とした. なお,対象ケースからは発表に際し,同意を得ている.

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG