事例と OT が思い描く将来像のズレから、目標共有を困難にしていたケース

■演題名:事例と OT が思い描く将来像のズレから、目標共有を困難にしていたケース
■発表者:郷野 寛武
■所属:福岡リハビリテーション病院

■キーワード:CAOD 評価 目標 共有
■要旨:
【はじめに】本事例は X 年に脳出血を発症、X+2 年に 2 度再発し、現在外来リハ通院中。初回面接にて 「日常場面で麻痺側上肢を使用できる」ことを目標とした。しかし外来リハ開始から 3 年が経過してい るが日常使用は困難であった。OT は目標の再確認のため CAOD を使用して作業療法面接を実施すると、 事例と OT の目標の認識にズレがあった。その後、目標に対しての計画や具対策を事例と OT とで話し合 うことができ、目標共有が可能となった為、以下に報告する。尚、本人より発表に際し同意を得ている。

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG