認知症作業療法と新評価法 – 小川 真寛

■講演内容:認知症作業療法と新評価法
■演者:小川 真寛
■所属:京都大学

■要旨:

認知症作業療法と新評価法、と題して作業療法の臨床に置いて認知症という状態をどう捉えるかを中心に、小川先生が現在開発中の「A-QOA」と、イギリスで開発された「プール活動レベル(PAL)」について講演いただきました。

※講演動画は通信容量が大きいためスマートフォンなどでの視聴では通信容量にご注意ください

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

※発表者や他の方が不快に感じる表現や誹謗中傷等の書き込みはお控え頂き,双方が臨床の質を高められるような肯定的な質疑応答をお願いいたします

>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG