訪問型サービスC事業実践報告―病院退院後外出に自信をなくしていた事例―

■演題名:訪問型サービスC事業実践報告―病院退院後外出に自信をなくしていた事例―
■発表者:作業療法士M
■要旨:平成18年度から始まった介護予防事業は、平成26年の介護保険法改正により新体系となる「新しい介護予防・日常生活総合事業」が創設された。今回はその中の介護予防・生活支援サービス事業の一つである訪問型サービスC実践について報告する。
【訪問型サービスC事業とは】
要支援者や基本チェックリスト対象者を対象とし、保健・医療の専門職が居宅を訪問して生活機能に関する問題を総合的に把握・評価し、社会参加を高めるために必要な相談・指導等をおおむね3~6カ月で行う短期集中予防サービスである。

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG