プール活動レベルを利用した家族指導による ADL自立度・役割に対する長期的効果の検討

■演題名:プール活動レベルを利用した家族指導による ADL自立度・役割に対する長期的効果の検討
■発表者:木田 聖吾
■所属:イムス板橋リハビリテーション病院
■要旨:プール活動レベル(Pool Activity Level:以下,PAL)は認知症または認知障害をもつ患者への支援ツールとして開発された¹⁾.PALを用いて介入し,意味ある作業の獲得を支援することができたという報告が散見されるが,その経過を追った事例は少ない.今回,PALを用いて介入し,入院時から退院1年後の経過を追跡することができたため,PALの長期的効果について考察する.本発表について本人・家族に口頭にて同意を得ている.

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG