当院における臨床教育 – 三崎 一彦

■講演内容:当院における臨床教育
■演者:三崎 一彦
■所属:済生会 小樽病院リハビリテーション室
■要旨:

臨床教育は部門の管理者であれば、誰しもが悩む問題であるが、「教えなければいけない」という考えは不要である。臨床教育の目的は「教え込む」ことではなく、学習者が自己決定しながら能動的学習者となるよう支援することである。そのためには①ストレッチ経験が出来る環境を設定する。②経験させたら、内省を支援する。③教育資源にアクセスする方法を教える。④同じチームのメンバーであることを承認する。これらが必要である。

※講演動画は通信容量が大きいためスマートフォンなどでの視聴では通信容量にご注意ください

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

※発表者や他の方が不快に感じる表現や誹謗中傷等の書き込みはお控え頂き,双方が臨床の質を高められるような肯定的な質疑応答をお願いいたします

>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG