共作業の実現により自宅退院への家族の認識が促進された事例

■演題名:共作業の実現により自宅退院への家族の認識が促進された事例
■発表者:三村 啓人
■所属:東京警察病院

■要旨:重度の障害の抱えた対象者が在宅で生活をするには,家族の協力が必要不可欠である.しかし,重度の障害のある家族の存在を事実として受け入れることは容易なことではない.今回広範囲の脳梗塞により,重度の障害を呈したクライエント(以下A氏)を自宅退院へと支援する機会を得た.家族はA氏を自宅で介護することへの意思はあったが,問題行動や今後の生活への不安から退院に対して大きな不安を抱いていた.A氏と家族がともに価値を置く作業(以下,共作業)への参加を通して,前向きな展望を持つことができ,自宅退院への家族の認識が促進されたため報告する.尚,発表に際し,家族の同意を得ている.

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

※発表者や他の方が不快に感じる表現や誹謗中傷等の書き込みはお控え頂き,双方が臨床の質を高められるような肯定的な質疑応答をお願いいたします

 

>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG