全体像を捉えられたことで再び作業に意味を見出せた事例

■演題名:全体像を捉えられたことで再び作業に意味を見出せた事例
■演者:城島 拓也
■所属:湘南OT交流会

■要旨:今回、度重なる病気の発症により意味ある作業を行わなくなり無為な生活を送っていた事例に対し、作業療法独自の評価法を使用し作業を提供した結果、作業に意味を見出すことが出来るようになり「もっとやりたい」等の肯定的・挑戦的な発言が聞かれるようになった。(キーワード:人間作業モデル、評価、作業)

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

※発表者や他の方が不快に感じる表現や誹謗中傷等の書き込みはお控え頂き,双方が臨床の質を高められるような肯定的な質疑応答をお願いいたします

 

>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG