「ベッドから出てくれない」事例に対してどうするか ~「ウチ作り」から始めた関わりを通して~

■演題名:「ベッドから出てくれない」事例に対してどうするか ~「ウチ作り」から始めた関わりを通して~
■演者:鈴木 則世
■所属:わたげの会

■要旨:認知症のクライアントに対してリハビリテーションを実施する上で,コミュニケーションの困難さや精神状態などが原因で,介入困難なケースをよく聞く.臨床経験の中で,ベッドからなかなか出てきてくれないという介入困難なケースに対して,ある論文の中の概念を基に介入した結果,部屋の外に出て,なじみの作業に従事し,他者との関わりが増えたという体験をした.そこで今回,介入困難なクライアントに対して使用した概念と,その概念をどのように生かしたのかを報告する.なお,対象ケースからは発表に際し,同意を得ている.

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

※発表者や他の方が不快に感じる表現や誹謗中傷等の書き込みはお控え頂き,双方が臨床の質を高められるような肯定的な質疑応答をお願いいたします

 

>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG