あわや リハ拒否?! 関係性悪化からの再構築 -共有意思決定(SDM)を通して

■演題名:あわや リハ拒否?! 関係性悪化からの再構築 -共有意思決定(SDM)を通して
■演者:○吉田真優¹⁾、福田裕²⁾
■所属:1)特定医療法人研精会 箱根リハビリテーション病院、2)医療法人ひかり会 介護老人保健施設 岩槻ライトケア

【はじめに】頚髄損傷を呈した 70 代後半の A さんは患者役割を担っていた。本事例の食事場面への介入を通して、意見の相違によるヒヤリハット体験をしたことで、CL の主観と OT の客観を共有すること、SDM の重要性を

一言解説

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

コメント通知条件登録
通知条件
>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG