上肢複合損傷患者に対する作業機能障害を考慮した Hand Therapy の経験

■演題名:上肢複合損傷患者に対する作業機能障害を考慮した Hand Therapy の経験
■発表者:○飯塚裕介,須藤誠
■所属:獨協医科大学日光医療センター
■要旨:
【はじめに】
ハンドセラピィの目標は useful hand の獲得である.今回,上肢複合損傷患者に対して作業機能障害に考慮したハンドセラピィを施行した事例について報告する.本報告に際し,本人より同意を得ている.

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG