生活期の作業療法 – 石橋 裕

■講演内容:生活期の作業療法
■演者:石橋 裕
■所属:首都大学東京大学院人間健康科学研究科 作業遂行分析学研究室 准教授

■要旨:

生活期の作業療法は高いレベルでの実践には、作業分析、活動分析、地域の資源、など多岐に渡る知識と実戦経験が必要です。クライアントが地域で自分らしく生活できるために、病院から地域へとシームレスな作業療法の提供について講演いただきました。

※講演動画は通信容量が大きいためスマートフォンなどでの視聴では通信容量にご注意ください

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

※発表者や他の方が不快に感じる表現や誹謗中傷等の書き込みはお控え頂き,双方が臨床の質を高められるような肯定的な質疑応答をお願いいたします

>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG