自己効力感を高める方眼ノートメソッド

■演題名:自己効力感を高める方眼ノートメソッド
■発表者:菊地 信貴
■所属:湘南OT交流会

■要旨:面接の中で、「何もできない」と発言し,自己効力感が低下しているクライアントに対して,少しでも自己効力感を高めて前向きな生活を送ることができるかと考えた.そこで,作業療法士(OTR)が方眼ノートを用いて話を聴き,解釈(方眼ノート面接)をしたらクライアントとOTRの間で共有がしやすくなった.専門性向上,面接技法,問題解決を促進する目的にて今回の試みを報告する.なお,対象ケースからは発表に際し,同意を得ている.

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG