高次脳機能障害を呈したクライエントに対してOTIPMを 用いることで個別性の高いアプローチが展開できた事例

■演題名:高次脳機能障害を呈したクライエントに対してOTIPMを用いることで個別性の高いアプローチが展開できた事例
■発表者:井上 信悟
■所属:医療法人社団KNI 北原国際病院

■要旨:脳神経外科の急性期にて日常生活動作は自立しているが高次脳機能障害が後遺したことで退院後の社会参加が困難となる事例を多く経験してきた.そのような事例に対して,作業療法介入プロセスモデル(Occupational Therapy Intervention Process Model以下,OTIPM)を用いて介入したことで効果が得られたためここに報告する.なお,対象ケースからは発表に際し同意を得ている.

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

※発表者や他の方が不快に感じる表現や誹謗中傷等の書き込みはお控え頂き,双方が臨床の質を高められるような肯定的な質疑応答をお願いいたします

 

>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG