不安が強い事例の目標を生活につなぐ~ACEとGASを用いて~

■演題名:不安が強い事例の目標を生活につなぐ~ACEとGASを用いて~
■発表者:田代 徹
■所属:福岡リハビリテーション病院

■要旨:ラクナ梗塞後の患者にCOPMを実施したが、発症後の不安から自己効力感が低下し、目標を生活で行えていなかった。そこで、ACE(Assessment of Client’s Enablement)、GAS(Goal Attainment Scaling)を使い、患者とOTの認識の差から不安の原因を共有し、介入の段階付けを行った。その結果、車椅子でトイレが自立し、不安軽減と自己効力感の向上を認めた。発表は本人の了承を得ている。

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

※発表者や他の方が不快に感じる表現や誹謗中傷等の書き込みはお控え頂き,双方が臨床の質を高められるような肯定的な質疑応答をお願いいたします

 

>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG