人間作業モデルを基盤とした実践

■演題名:人間作業モデルを基盤とした実践
■発表者:真塩 敦士
■所属:MOHO朝勉会

■要旨:能力の認識にゆがみが生じ、正確な生活の予測が困難な事例を担当した。原因を価値に置いたが、行動の予測との関連が不明確であった。人間作業モデル(MOHO)を基盤とした作業療法を実践したところ、行動の予測に与える影響が価値以外にもあることが理解でき、事例の動機づけや生活様式、環境の流れを理解する上で有用であることが示された。なお、ケースからは発表に際し、同意を得ている

会員限定コンテンツ

ログインしてロックを解除してください

※発表者や他の方が不快に感じる表現や誹謗中傷等の書き込みはお控え頂き,双方が臨床の質を高められるような肯定的な質疑応答をお願いいたします

 

>湘南OT交流会 WEB学会

湘南OT交流会 WEB学会

湘南から日本の作業療法を面白くしたい!と想い日々活動中です。

CTR IMG