WEB学会2024 参加受付中

※質問期間は2月1日〜29日


<講演一覧>

講演部門

精神科スーパー救急作業療法 作業機能障害から再び作業的存在へ
小德美穂

身体障害系OT、小学校の「学校作業療法士」になる
佐藤彰紘

作業療法士の健康について考える ~いいしょわ倶楽部の活動を通して~
帯刀麻衣

作業療法におけるEvidence-based practice の実際
廣瀬卓哉

学ぶための習慣の作り方
田代徹

全国の指導者と学習者をつなぐ「メンター制度」
福田裕

これからの作業療法
藤本一博

作業療法臨床を思考する手順 ~作業療法リーズニング~
藤本一博

一般演題

プール活動レベルとA-QOAを用いてその人らしさを引き出す
佐藤もえ

重役に対する「秘書的役割」を担った作業療法
金澤汐音

「歩きたくない」と話すクライエントに対し文脈を結び付けることで行動変容に至った事例 ~MOHOとADOCを併用して~
椎野紫苑

実習にCROT-Rを用いると学生の思考はどう変化するのか
篠田謙志郎

CROT-Rを用いた事例の振り返りから、OTという作業機能障害を考える
松本侑大

クライエントと家族との信念対立が解消されたことで作業適応状態が促進された事例
~作業に根ざした実践2.0と人間作業モデルを併用して~
坂本勇太

対象者との協業に失敗した新人作業療法士
~目標設定と面接評価に難渋した事例~
瀬川玲奈

ピアサポートを用いて作業の拡大や満足度の向上が図れた事例
山西大輔

急性期における運動性失語事例への人間作業モデルを用いた役割再獲得
児嶋洋昭

「自信がない」から「おうちに帰れそう」になるまで 段階的アプローチで不安を解消した事例
松﨑彩織

生活期重度片麻痺患者の麻痺手の使用習慣の定着に苦慮した1例
新海弘祐

「できた」「楽しい」を引き出すことで施設内QOLが向上した事例
~施設に馴染めなかった利用者~
神田仁利

生活向上マネジメントの活用で活動参加を実現できた事例 「もういいから」に込められた思いを汲み取るために
竹内知仁

OBP2.0とMOHOの活用により自宅退院に向けた多職種協働が促進された事例
二口慧也

OSAⅡを用いたことによりクライエントらしさを再構築することができた一事例
鈴木将武

 

 


WEB学会2017~2023参加者
はこちら

(過去の参加情報を継承できます)


13,000円 → 10,000円

プレミアム会員で新規会員登録
(過去のコンテンツは登録次第すぐに全て閲覧可、質疑応答は2月1日〜29日)



6,000円

レギュラー会員で新規会員登録
(登録から1ヶ月コンテンツ閲覧可能、過去のコンテンツは閲覧できません)
2月1日〜29日は質疑応答可能



家庭や私生活も大切にしながら、作業療法についてもっと学びたい!そんな気持ちに応えます。

  • 以前は勉強会によく行ったけど最近は行ってないなぁ
  • 湘南OTに参加したいけど遠くて参加できないなぁ仕事が終わるのが遅くて勉強する時間がなくって
  • 子供が産まれて忙しくてなかなか勉強は・・・
  • 仕事以外で人に会うことは減ったなぁ・・・

湘南OT交流会 WEB学会は以上のような声に応えるために誕生しました。スマホ1つで参加でき、映像で、スライドで、音声で学べて質問や交流もできる新しい学会です。

第8回を迎える湘南OT交流会WEB学会2024

論文や大きな学会発表では統計に基づいたものも多くあります。色々な発表の中から、自分の臨床に使える知識や方法を選び出すことはなかなか大変。そこで、臨床で本当に使える、具体的な臨床知を集めたいと考えました。そうそう、これ困ってたんだ!そんな出会いがあるかもしれません。

1つの演題は10分、講演も短時間に凝縮。隙間時間も活用できます。

スマホで学べるからには、コンテンツも隙間時間で見られるようにしたい。そのために演題は10分、講演は主に20〜30分になっています。

子供を寝かせてからスマホで勉強できます

講演も演題も、途中で止めて再開できます。学びたい意欲と忙しい日常を両立できるようにしました。子供が寝てからスマホ1つで学ぶことができます。

お母さんOT、お父さんOTの声に応えて誕生したWEB学会は作業バランスを大切にしています。

自分の作業療法を言葉にしよう

WEB学会の一般演題では、1つの課題に対してどうアプローチしたのか、わかりやすい形式で作成いただいています。これは、あえて焦点を絞ることで同じ課題を場面に気付きやすくしてもらい、臨床で活用できる知識を得られるようにしたい!という考えの中から産まれました。あなたの臨床にすぐに役立つ演題を探して見てください。

いつもワクワクできる学会を目指す

  • 明日から臨床で使える知識がいっぱいのスライドと音声を使った一般演題発表
  • 厳選された講師による臨床疑問を解決する動画での講演
  • 特別講師による動画での特別講演

湘南OT交流会では、実際に講師を目の前にして交流しながら学べることを大切にしています。しかし、子供が産まれたり結婚したりとライフステージの変化によって実際の交流の場に参加できなくなっている人も増えています。そこで湘南OT交流会では作業療法士の仕事がワクワクできるコンテンツをいつでも学べて、また交流も大切にしたい!ということでWEB上で学会を掲載することにしました。

新しい活躍の場を広げよう!

講演には幅広い分野で活躍する作業療法士においでいただきました。精神科領域で就職率を飛躍的に高めた作業の可能性、新しい制度のもとで地域で活躍する、施設の腰痛予防のマネージメント、新しい評価法、などなど個性豊かな講師にお集まりいただきました。

作業療法士の可能性を感じられるように

全国には10万人以上の作業療法士がいます。施設や病院などの枠に収まらなず活躍の場が広がる作業療法士の講演をぜひお楽しみください!

モチベーションが続かないなら仲間と学ぼう!

一人でスマホ1つで学べる、というのは便利な環境ではありますが、それだけでは行動できないかもしれません。そこで、WEB学会のコンテンツは個人利用に限り、院内・施設内や仲間内での勉強会での利用を認めています。インターネットが繋がるパソコンがあれば、すぐに勉強会が開始できます。資料の準備は必要ありません!

知識を活用できる知恵に!アウトプットしよう

学んだだけではもったいない!知識は臨床で活用できてこそ意味があります。学びを定着させるにはアウトプットが大切です。演者に直接質問できる場を用意しましたのでご活用ください。

質問はゆっくり考えてからしてください

講義を聞いたり、新しい知識を得てもすぐに質問が出ないことありませんか?それは、まだ実践していないことも関係があります。学んだことは実践でアウトプットして、そしてゆっくり質問を考えてください。

WEB学会2023では、レギュラー会員とプレミアム会員の2つの参加方法を用意しました。

レギュラー会員は1ヶ月間だけ気軽に参加する会員、プレミアム会員は1年間コンテンツの閲覧が可能で、あとから追加されるプレミアムコンテンツと過去のWEB学会の全てのコンテンツが閲覧できます。

<レギュラー会員説明>

登録日から1ヶ月間、コンテンツが閲覧可能

質疑応答が可能な期間は2024年2月1日〜2月29日

 

学会開始日あるいは登録日から1ヶ月間、コンテンツを閲覧できるようになります。

2024年2月1日〜2月29日が学会の本開催期間となり、質疑応答ができます。それ以外の期間は質疑応答はできませんが、質問された内容は閲覧することができます。

 

<プレミアム会員説明>

2024年2月1日から2025年1月15日までコンテンツが閲覧可能

過去のWEB学会2017〜2023の全てのコンテンツが閲覧可能。講演41本、演題63本、その他プレミアムコンテンツ。

 

<プレミアム会員だけの特典>

プレミアム会員限定のプレミアム講演を閲覧できる

過去の全ての演題、講演を閲覧できる

過去の開催期間中の全てのコンテンツがご覧いただけます。

 

プレミアム会員とレギュラー会員の比較

WEB学会2023では、2023の一般演題、一般講演のみが閲覧できるレギュラー会員と、プレミアムコンテンツと過去のWEB学会の全てのコンテンツが閲覧できるプレミアム会員の2種類の会員種別を用意しました。

2023のプレミアム会員に登録いただくと、登録後すぐに過去のコンテンツが全て閲覧できます!(講演41本、演題63本)

 

プレミアム会員
(オススメ!)
レギュラー会員
学会コンテンツ
閲覧可能期間
◯2024年2月1日から
2025年1月15日まで
△学会開始日および
登録が済んだ日から
1ヶ月間
一般演題◯閲覧可能◯閲覧可能
一般講演◯閲覧可能◯閲覧可能
プレミアム
コンテンツ
◯閲覧可能(随時追加される)×閲覧不可
過去のコンテンツ◯登録が完了した日から
過去のコンテンツを全て閲覧可能
×閲覧不可
質疑応答可能な
本開催期間
◯2024年2月1日から
2月29日まで
◯2024年2月1日から
2月29日まで
事前登録で
閲覧可能になる期間
2024年2月1日から
2025年1月15日まで
2024年2月1日から
2月29日まで
個人利用での
勉強会開催
◯利用可能◯利用可能

学会のトピックは現場に即したものにこだわっています。「いい話聞いたなぁ」で終わらず、あなたの臨床に役立つ知に触れることができるとオススメできる演題が集まっていると感じています。まだまだ未熟な面もあると思いますが、ぜひ一緒に盛り上げていただけたらと思います。

よくある質問

学会の開催期間はいつまでですか?

コンテンツの閲覧は2025年1月15日まで可能です。WEB学会2024は、質疑応答ができる期間は2024年2月1日〜2月29日までの予定です。交流が活性化するようにと、演者・講師の負担を軽減するために質疑応答は1ヶ月間に限られます。

質疑応答ができる期間が終了しても、行われた質疑応答は全て残っていますので、確認はしていただけます。

スマホでも閲覧できますか?

全てのコンテンツはスマホでご覧いただけるようになっています。講演動画はファイルのサイズが大きいので、通信容量にご注意ください。

すぐに講演を聞きたいんですが、どれくらい待てばいいですか?

WEB学会に参加しよう!と思い立ったらすぐにコンテンツをご覧いただけるように、クレジットカードで支払いに対応しました。支払いが完了次第、WEB学会にご参加いただけます。PayPalという世界的に利用されている安全な支払いシステムを導入していますので、ぜひご活用ください。銀行振込の場合は、振込した日から2〜3日でコンテンツをご覧いただけるようになります。ご了承ください。


WEB学会2017~2023参加者
はこちら

(過去の参加情報を継承できます)




6,000円

レギュラー会員で新規会員登録
(学会開始日および登録日から1ヶ月コンテンツ閲覧可能、過去のコンテンツは閲覧できません)